債務整理・デメリット.net

主婦が債務整理する際のポイントは?

主婦が行う債務整理というのは、自己破産までいく事は珍しく任意整理や民事再生で済まされることは多い傾向があります。
 そもそも、主婦というのはパートやアルバイト程度の収入しかないのが一般的であり、総量規制の関係からあまり大金を借りることが出来ません。
 銀行法の影響を受ける銀行系であれば総量規制などはありませんが、どちらにしろ低収入ではあるので家族の収入や財産などが無い限り大金を借りるということは出来ません。
 なので、大体の場合においては債務整理の中でも弁護士を代理人立てて裁判にまで行かず債権者と交渉する任意整理が行われます。
 問題としてはグレーゾーンの問題から裁判まで行かず任意整理に応じる業者が多かったのですがグレーゾーンの撤廃によって違法行為がなくなった為、任意整理に応じても利益が無く、応じない業者も増えて来ているという事です。
  逆に言ってしまえば、何らかの利益を債権者にもたらす事が出来るのであれば任意整理が可能になることが有るので、家族や親族に協力してもらい元金の一括返済や利息分の一括返済、場合によっては一括払いで利息の減額を依頼して親族に借金の借り換えをするという方法なども取られることがあります。
 それでも任意整理に応じなかった場合、債務整理のなかでも裁判が行われる民事再生になります。
 親族や家族の収入なども見られるので、主婦とは言えここで支払い不能の判断を下されることは滅多にありません。
 ただし、借金によって離婚したなど理由がある場合は支払い不能という事で自己破産になる事もあります。