債務整理・デメリット.net

債務整理とはなにか解説

債務整理とは、借金の返済に行き詰ったときに借金を減額してもらうことで状況の改善を図るものです。
債務整理とはいくつかの種類があるものであり、それぞれで手続きの方法や債務の減額効果に違いがあります。借金総額や収入などと合わせて適切な方法を選ぶ必要があります。どれが適切であるか分からない場合、司法書士や弁護士に相談して対応を決めます。
債務整理とは債権者が不利益を被るものであるため、デメリットなしで利用できるものではありません。どの方法の債務整理を行った場合でも、個人信用情報機関に事故情報として最大で10年間記録が残ります。これは債務整理を起こされていない金融機関も照会することができます。ローンを利用する場合などにこの情報を確認し、事故情報が残っていると返済できなくなる恐れがあると警戒され、審査に落ちやすくなります。
デメリットを恐れて借り換えローンを利用するなどして返済を試みようとしても、返済能力を大きく超えている場合は手続きするタイミングが遅くなるだけで債務整理に追い込まれてしまうため、本当に債務整理を利用せずに返済できるのか判断が重要になります。
債務整理する際の注意点として、連帯保証人が付いている債務を整理した場合、減額分は保証人が返済しなければなりません。保証人も連名で債務整理すれば返済せずに済みますが、個人信用情報機関に事故情報として登録されてしまいます。債務整理には債務を選べるものもあるため、その方法で状況を改善できないか検討も必要です。