債務整理・デメリット.net

債務整理の弁護士費用の相場は?

多重債務で、もうこれ以上、返済を続けていくのが難しいという状態になった時に行うのが債務整理です。
今後、借金の返済の義務がなくなる自己破産、大幅に借金を減額して貰う事で返済を続けていく個人再生、現在の借金の状況を見直し利息をカットする等、返済しやすい状況を作る任意整理等があり、それぞれメリット、デメリットが存在します。
そんな債務整理を考えた場合、個人でも可能ですが、業者との交渉は素人では難しい事も多く、弁護士や司法書士に依頼するのが一般的で、借入金額が多い場合、弁護士に依頼をする事になります。
その際、必要になってくる弁護士費用は、選ぶ方法によって変わります。
個人再生や自己破産の場合、弁護士費用の相場は30万円から50万円程度となります。
任意整理は、借入している業者の数や、更には過払い金請求の有無などによってその金額が大きく変わる事になります。
3社程度の借り入れであれば30万円から40万円程度が相場となりますが、過去に完済した借金の過払い金請求を行なう、現在の借入の業者の数が多いという場合、これよりも高額の弁護士費用が必要になる可能性もあります。
更に、債務整理を依頼する弁護士事務所によって、着手金や成功報酬などが大きく変わる事もあり、相場よりも高くなる事も珍しくありません。
費用についての不安があれば、まずは弁護士事務所が行っている無料相談などでしっかりと確認しておく事がお勧めです。
それによって、安心して債務整理の依頼をする事が出来ます。