債務整理・デメリット.net

債務整理の条件について

債務整理の一つに自己破産が有ります。
自己破産と言うと、全ての財産を手放さなければならないと言うイメージを持つ人も多いものですが、自己破産は自由財産と呼ばれるものは手放す必要が無いのです。

例えば、換価の価値の無い貴金属などは手放す必要が無いと言いますし、99万円以下の現金についても、破産手続き後の生活などに利用できると言われており、債務整理を行う上で自己破産を選んだとしても、全てを失う事にはならないのです。

自己破産は返済能力が無いと言う条件の下で裁判所は許可を下すことになります。
この許可と言うのは免責と呼ばれるもので、免責が下されることで債務はゼロになると言う仕組みになります。

自己破産での債務整理は、裁判所に対して破産の申し立てを行い、裁判所が許可を下した時初めて破産の手続きが開始されることになります。
尚、換価価値を持つ財産を所有していないと言う事が最初から解る場合には同時廃止と呼ばれる方法で破産が確定し、全ての債務がゼロになります。

しかし、換価価値を持つ財産を所有している場合などでは、最初に破産管財人が専任され、破産管財人が財産の管理や債権者への手続きなどを行い、破産の手続きが進められて行く事になります。

尚、自己破産は返済能力が無い事が条件になると同時に、借金をした理由などについても条件になるのが特徴です。
例えば、借金をした理由がギャンブルなどの浪費によるものなどの場合は、裁判所に対して破産申し立てを行っても免責を得る事が出来ないなどの特徴が有るのです。