債務整理・デメリット.net

債務整理は2回目もできるの?

債務整理の方法には、任意整理、特定調停、個人再生、自己破産の4つがあります。その中で任意整理の場合には、特に回数制限はありません。任意整理を行った後でも、再度行うことは可能です。ただし2回目となれば、相手側がなかなか話し合いに応じない、和解を渋るといった問題は出てきます。1度目の整理の際にも専門家の手を借りるのがスムーズに解決すると考えられますが、特に2回目以降は依頼したほうが解決がスピーディーです。納得出来る形で和解できるでしょう。特定調停によって債務整理を行う場合にも、回数の制限はありません。ただし任意整理と違って、和解をしたにもかかわらず支払いが滞るといった不履行が行われた場合には、債権者が直ちに強制執行手続を取ることが可能です。特定調停で一度和解している債権について再度困っているということであれば、不履行を行う前に手を打つことが必要です。自己破産や個人再生で債務整理を行っても、回数に制限はありません。しかし1度目の免責許可決定確定日もしくは再生計画決定の確定日から7年経過した後でないと、2回目の申し立てはできません。反対に言えば、7年経過していれば、申し立ては可能ということになります。とはいえ、それは可能不可能だけの話であり、実際には大変厳しいものとなります。法律による救済といえど、何度も同じことを繰り返す人に対して、決して寛容ではありません。免責許可が下りにくいといった話もあります。返済を前提としている方法よりも、自己破産が難しくなるのは当然です。